×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就活には英語を勉強して挑みなさい

企業が必要とする英語力とは?

 

 

 

実際に採用の時に英語の能力として企業の判断材料は英検、TOIEC。

 

 

特にTOEICを重要視すると思っている人も多いようです。

 

 

でも考えてみてください。

 

 

TOEICで見ることができるのはたかが、その人のスコア、得点だけです。

 

 

高得点の人ほど英語が話せる、英会話ができる。

 

 

そんなわけないですよね?

 

 

企業が必要とするのはTOEICで高得点を取る人でも英検1級を取る人でもありません。

 

 

英語でコミュニケーションがしっかりとできる人です。

 

 

このことから多くの企業はTOEICを採用の直接の基準にはしていません。

 

 

じゃあTOEICはしなくてもいいのか?

 

 

そうでもありません。

 

 

評価の参考にしている企業は数多くあるので、TOEICに取り組むことは大事です。

 

 

TOEICで高得点を取ることで英語ができるという評価をもらおうとするのではなく、英語への高い姿勢としてアピールしてください。

 

 

入社してから英語を使う機会は絶対にあります。

 

 

そんな時に企業が必要なのはTOEICの得点が高い人材ではなく、英会話ができる人材です。

 

 

つまり、企業は英語は話す能力を必要としているので、TOEICの得点は紙面上だけにして就職活動では高い語学力をアピールしましょう。